閲覧数:2,709

隣町中崎町でハッカソン

ハッカソンってご存知ですか?

ハッカソンってご存知ですか?町中にハッカを植えてハッカの村にすることではありません。
デジタル大辞泉を引用すると

《「ハック」と「マラソン」からの造語》ソフトウエア開発者が、一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催し。期間はふつう数時間から数日程度。企業内で研修の一環として行われるほか、大手企業が広く外部から参加者を集めて自社の製品やサービスに役立つアイデアを競わせたり、ベンチャーキャピタルによる出資対象の選定に利用されたりする。

簡単に言うと地域の課題をITで解決しようと言う事。最近はLOD(リンク ド オープンデータ)など様々な試みがありますがハッカッソンはアプリを作りこと。

中崎町の課題を解決すべく、<介護(地域福祉)・防犯・防災>をテーマにハッカソンを開催!

「大阪・中崎町」と言えば、近年リノベーションが活発に行われ、若者が集うおしゃれな街…
そんなイメージを持っている方が多いのでは?

しかし同時に、ここは戦災を免れた地域で、高齢者が多く住む街でもあるんです。
そのため、介護サービスや防犯・防災の強化が当自治体の急務となっています。

そこで、そんな中崎町の課題を解決すべく、<介護(地域福祉)・防犯・防災>をテーマに
ロボットやそのテクノロジーを活用したハッカソンを開催!

しかし、作るだけで終わるハッカソンとは違います。

企業と事業化のチャンスがあるだけでなく、リアルな課題や、
ビジネスモデルおよび成果物を試用してみての感想など、
住民の方々から意見を直接聞くことができるのです。
詳細は下記の項目をご覧ください。

大阪の地域を救いたい!というエンジニアやプランナーの方々のご参加をお待ちしております!

詳細や申し込みは下記のホームページから
大阪・中崎町の課題解決ハッカソン〜地域の課題をテクノロジーで解決しよう!
大阪イノベーションハブ

【主催・共催】
◎主催:公益財団法人 大阪市都市型産業振興センター
    近畿経済産業局

◎共催:大阪イノベーションハブ

◎協力:i-RooBO Network Forum

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です